出展ブース:歩行器と杖 » アイテム集 | 記事リスト

歩行器と杖について

「歩くことが不安だなぁ」「疲れるなぁ」などの思いから、歩く機会が減ってはいませんか。
そんな時には、昨今出回ってきている様々な歩行補助具や杖が、歩くことを助け、スムーズな移動をサポートする用具として役に立ちます。歩行補助具や杖を、使う方の体の状態や用途に合わせて適切に選択することができれば、行動範囲を広げる手助けになります。

歩行器・杖の使用目的

歩行器や杖を使う目的には次のようなことがあげられます。

  • 歩くことが難しい方を助ける(補う)ための用具として使う
  • 歩くときのバランスを補う(安定性を高める)
  • 歩くときの速さを保つ
  • 歩くときの疲れを減らす
  • 歩くときの痛みを和らげる

どんなときに使うの?

歩行器や杖は次のような場合に使います。

  • 移動する手段に使う
  • 歩く練習を行う場合に使う

どんな場所で使う(使える)の?

歩行車、歩行器、杖に分けて見てみましょう。

「歩行車」を使用するのは…
比較的平坦な屋外や、敷居や段差のない家屋内
「歩行器」を使用するのは…
段差のない広い屋内
「杖」を使用するのは…
段差のある、もしくはは狭い屋内外、乗り物の中など。
歩く際は、比較的常時使用することができる

以上、歩行補助具や杖を選択するためのチェックポイントを簡単にあげてみました。
車椅子との併用や、使用場所によって使用する歩行補助具を変更することで、活動範囲が広がり、活動の機会を増やすことが出来る場合もあります。

歩行器・杖の種類と適応

1. 歩行車

walker.jpg U字型
前は自在キャスター、後ろは固定キャスターが一般的です。
肘から前腕をU字部分に乗せることができます。
この歩行車は、歩行を助けてくれる度合いの高いものですが、全体が大きく、持ち上げることが難しいです。そのため、段差に弱く、ごく普通の一般家屋には使いにくいものです。
*4輪とも自在キャスターのものは、歩行器に頼った途端に横向きに動いてしまい非常に危険な場合があります。
opal-1.jpg フレーム型
前は自在キャスター、後ろは固定キャスターのものです。 しっかりとした造りでキャスターも大きめのものが多いので、屋内外でも使用できます。見た目はかっこいいですが、このタイプには輸入品も多いので、日本の高齢者には全体的に大きすぎたりします。
silvercar.jpg シルバーカ-
これは、屋外歩行車の定番です。 握りバーを持ち、両手の幅は肩よりも狭くなります。また、歩行車全体が体に対して大きく前方に押されることになるので、前後バランスをとるのに都合がよく、少し腰が曲がった方にはちょうど良いです。
minsilvercar-2a.jpg コンパクト型
前輪と後輪の距離が近く、また前輪の左右幅が狭くなっているので、向きを変えることが容易です。但し、左右への動揺は大きくなります。

2. 歩行器

walker-cane-3.jpg 4点歩行器
キャスターが全くないフレームだけの歩行器です。キャスターがないため、押して歩くのではなく、一歩ずつ持ち上げて前に運ぶ歩行器です。そのため、歩行効率はあまり良くありません。しかし、4脚で身体をしっかり支え重度な障害の方でも使えるタイプです。
次の写真の通り、「1 歩行器→2 左足→3 右足」のように動かして使用します。
【写真:4点歩行器での歩行例】
*交互型や前方キャスターのタイプもあります。交互型は正しい使用方法の理解が難しい場合があります。

3. 杖

【写真:一本杖】 一本杖(T字杖)
握りと杖先ゴムの付いたものをいいます。その握りの形から「T字杖」と呼ばれたりします。
【写真:四点杖】 四点杖(四脚杖)
杖先が四点に分かれていて、一本杖では頼りないという方にお勧めです。四本の脚が作る支持面積が大きいほど安定感がありますが、荷重を均等にかけることができない場合には杖がグラグラする場合があります。同時に重く、杖を運ぶ際に足にぶつかったりすることがあります。
【写真:四点杖のセット】
四点杖は、広がりの広い方の脚部を外側にしてセットします。
【写真:サイドウォーカー】 サイドウォーカー
四点杖より支持面積が広がったタイプのものです。安定感があるため、片麻痺の方で麻痺側に体重を乗せることが困難な方でも歩くことができるかも知れません。
【写真:ロフストランド杖】 ロフストランド杖
一本杖では心もとない方、しかし、四点杖のように地面に真直ぐに突くのも難しい方にお勧めします。この杖は、杖先は一本ですが、握りの上部で前腕を支持するカフが付いています。重度の片麻痺の方に適応となる場合があります。

高さの調節

握りの高さを調節します。握りの高さ調節は、歩行時の姿勢を大きく左右するため大切です。

歩行車や歩行器(キャスター付き歩行器)の高さ調節のポイント

  • 大腿骨大転子の高さ(腰骨のあたり)に合わせる
  • 自然な立位の手首の高さに合わせる
  • 骨盤腸骨稜(ヘソの位置あたり)に合わせる

杖の高さ調節のポイント

  • 大腿骨大転子の高さ(腰骨のあたり)に合わせる
  • 自然な立位の手首の高さに合わせる
  • (身長÷2)+3㎝程度(計算式でも調節ができます。)これらの高さの調節は、全ての杖に共通しています。【図:高さ調節の目安】
    腰が曲がった方は、大転子や手首の位置も下がってきます。身長も分かりにくいため、腰が曲がった自然な立位での(身長÷2)を目安とするといいと思います。

杖のメンテナンス

杖先ゴムの管理
杖の先には「先ゴム」が付いています。先ゴムは、滑り止めの役割を持っています。杖の使用頻度に比例して先ゴムの溝が減ってきたら交換が必要となってきます。安全に使用するためには、日頃からのメンテナンスも大切です。