出展ブース:お風呂まわり » アイテム集 | 記事リスト

お風呂まわりについて

自宅のお風呂に入ることをあきらめていませんか?
安易に訪問入浴や施設サービスの利用を考えていませんか?
自宅での入浴は大掛かりな改造が必要だと思い込んでいませんか?
施設でも安易に特浴を使っていませんか?

多くの方は少しの工夫、たとえば、福祉用具の使用や改修をすることで使い慣れた自宅の浴室で入浴できるようになります。

入浴を可能にするためにはまず、『浴室までの移動→脱衣室での動作→浴室での動作→浴槽への出入り』などに動作を分類し、どこができないのかを考えると解決しやすくなります。

浴室までの移動

シャワーキャリーは洗い場で使用する「いす」ですが、キャスターや車輪が付いているので動かすことができます。そのため浴室内だけではなく、部屋や廊下に幅があり段差が無ければ移動してくることもできます。
シャワーキャリー以外の移動補助具としては杖・歩行器・車いす・手すり・リフトなどがあります(これらは他のページを参考にしてください)。

脱衣室での動作

安定した椅子や手すりを使用することで動作が楽になります。「いす」や「すまい」のページを参考にしてください。

浴室での動作(洗体動作・立ち上がり動作)

シャワーいす
お風呂で体を洗うときに安定して動作ができるようにしたり立ち上がりやすくするための「いす」です。ほとんどが高さの調節ができるようになっています。背もたれや肘かけが付いているものもあります。

滑り止めマット
お風呂の床は水が流れており滑りやすく危険なので滑り止めマットをしき転倒を予防します。足元が安定するので立ち上がりも容易になります。

洗体用小物
背中や足など体の隅々に手が届かず充分に洗うことができない場合、使いやすいように工夫された洗体用の小物もいろいろあります。ブラシやスポンジ・タオル・手袋用のものなどがあります。

浴槽への出入り

浴槽用簡易手すり
浴槽の縁にねじで取り付けたり、はめ込んだりすることで簡単に取り付けることができる手すりです。

バスボード
浴槽に縁にかけ渡す板で浴槽を立ってまたぐことが困難な場合に座って入ることを助けてくれる用具です。板に座って片足づつ出し入れする方法でよくそうに出入りします。

浴槽内台
浴槽の中に置く腰掛です。浴槽の底に腰をつけない人や、また腰をつくと出るときに立ち上がりづらい場合に腰掛として使用します。浴槽が深くてまたげない場合に踏み台として使用することもあります。

介護リフト

浴槽への出入りが自力で困難な場合は、リフトを用いると便利です。浴室で使用するリフトは大きく下の二つに分けられます。

天井にレールを埋め込んだり支柱をたてて、人をつり上げるリフトは介護リフトのページを参考にしてください。

浴槽内昇降機は、浴槽内や浴槽の縁に設置し、工事を必要としません。座面が浴槽内で昇降するので、立ったり座ったりが必要ありません。

滑り止めマット

浴槽内での立ちしゃがみや、座位姿勢でお尻がすべらないようにするためにも滑り止めマットを使います。