出展ブース:ベッドまわり » ベッドの背上げの仕方 - クッション使用例 - アイテム集 | 記事リスト

介護用ベッドの背上げの仕方

最近の介護用ベッドは、背上げによる体のずれや、姿勢の崩れを防ぐような工夫がされています。しかし、その使い方によっては背上げにより体がずれ、姿勢が崩れたり圧迫感を感じることもあります。
体を自由に動かせない方は、そのままでは苦しく不快感があり、体の負担につながります。介護を行うときは、ご本人に負担の少ないベッドの操作を心がけましょう。

【写真:ベッドギャッチアップ1】1. まず膝あげしそれから背上げ、と少しずつ交互に行います。2つの操作を少しずつ行うことで、体のずれや圧迫感を軽減できます。背上げを行うときはご本人の表情を見ながら行いましょう。
»【動画】「背上げ1」

【写真:ギャッチアップ2】2. 上げたい高さになったら、上体をベッドからゆっくり離しましょう。これにより、体の圧迫感を逃がすことができ、体のずれを防ぐことができます。衣服もずれている場合もありますのでそのときに、しわを伸ばしましょう。
上体と同じように、足にも圧迫感を感じたり、ずれが生じている場合があります。足も片足ずつベッドから離し、衣服のしわも伸ばしましょう。
»【動画】「背上げ2」

【写真:ギャッチアップ3】3. ベッドを元に戻すときは、膝と上体を交互に下ろしましょう。下ろしたときにも体にずれが生じたり、圧迫感を感じることがあります。
ベッドを元に戻した後に、体を横にし衣服のしわを伸ばしましょう。
その後、足も片足ずつベッドから離し、衣服のしわも伸ばしましょう。
»【動画】「背上げ3」

クッション使用例へ »
アイテム集へ »