出展ブース:ベッドまわり » ベッドの背上げの仕方 - クッション使用例 - アイテム集 | 記事リスト

ベッドまわりについて

ベッド上やベッド周りでどのように過ごされていますか?動きづらかったり、介護で困っていることなどはありませんか?
ご本人や介護する方の生活をよく知り、快適な環境をつくるように考えましょう。

ここでは、ベッドやマットレス、クッション、ベッド上での動きや車いすなどに移る時の動きを助ける用具や使用方法などを紹介します。

介護用ベッドについて

介護用ベッドは、ご本人の動作を助ける機能や介護者の負担を軽くするための機能を備えています。たとえば、自分でリモコンを操作すると簡単に座ることができますし、ベッドの高さを調節することで、ベッドからの立ち上がりやベッドに戻るときの動作がしやすくなります。また、ベッド上で体位を変えたり、おむつを交換するときなどの介護を行うときに、介護者が楽に行える高さに調節することもできます。

介護用ベッドのいろいろな機能を知り、効果的に使用することでご本人の生活も広がり、介護者の介護負担も軽減できます。

マットレスについて

マットレスには、一般用から、体圧分散マットレス、エアマットレスなどの高機能なものまでさまざまなものがあり、ご本人の体の状態や使用目的に応じて選ぶ必要があります。

自分で動ける方であれば、寝心地やご本人の好みや、立ったり座ったりなど動きやすいものを選びましょう。 自分で動けない場合は、自分で体位を変えられるのか変えられないのか、床ずれができやすいのかできていないのかなどによって、選ぶマットレスは変わってきます。

以前は、床ずれ予防にはエアマットレス、という考えが多かったと思いますが、体圧分散マットレスも床ずれ予防に十分対応できる場合がありますので、ご本人の体の状態や介護者の状況などについて専門家に評価してもらい、選択するのが良いでしょう。

クッションについて

クッションはベッド上や、車椅子上などいろいろな場面で使われています。その目的として、体を安定させることでリラックスした姿勢をとることができ、体が堅くなることを予防したり、圧分散を考えることで床ずれを予防する手段となることがあげられます。

また、クッションで支えることでご本人の能力を発揮させる(動きを助ける)目的で使われることもあります。 たとえば、片まひの片が寝返りしやすいように肩甲骨や骨盤の下をクッションで支えたり、座位などで体幹をサポートすることで上肢が使いやすくなったりします。

逆に、せっかく足の動きがあるのに、クッションを挟むことで動きを阻害してしてしまっていることもよくあります。クッションの硬さ・形状・素材の性質などを考えることも大切です。
ご本人の体の状態や、目的にあったものを選び、専門家に相談しながら使ってみてはいかがでしょう。

起居・移乗

ベッド上での動きに困っていませんか?
ギャッジアップをした後のずり落ちをどう直していますか?
ベッドからの移動をどのようにしていますか?
腰や肩、手は痛くないですか?重たくはないですか?力まかせに行なっていませんか?

力まかせの介助では、擦り傷をつくったり、無理やり引っ張られて体が硬くなったりと、本人・介助者双方に負担がかかってしまいます。また介助が大変だからと、ベッドに寝かせっぱなしになってしまうのもよくありません。本人の状態にあわせて上手に道具を利用することで、介護を楽にすることができますし、できないと思っていた本人の能力が発揮しやすくなることもあります。アイテム集では、そのためのさまざまな道具を紹介しています。

介護用ベッドの背上げの仕方を説明しています。 »
クッション使用例を説明しています。 »