出展ブース:自助具 » アイテム集 | 記事リスト

自助具について

自助具って何?

自助具は漢字の意味の通り「自分を助ける道具」のことを言います。からだの不自由な人が日常生活のなかで、できないことや人に頼んでしまうことを、可能な限り自分でできるように工夫した道具のことをいいます。

例えば、腕が上がらなくてブラシが頭にとどかないとき、ブラシの柄を長くしたものを使うと、自分で髪の毛をとくことができます。このときの長柄付きブラシが自助具です。もっと身近なものでは、足の骨を折ったときに使う松葉杖も「自分を助ける道具」自助具になります。

自助具には食事や入浴、排泄に関するものから身だしなみ、家事、コミュニケーション、趣味まで、あらゆる日常の動作に関するものがあります。

自助具を使うとどうなるの?

自助具を使うと、人に頼んだりあきらめていたことを自分で行なえるようになります。それによって、からだの不自由な人の生活に幅が広がり、生活が積極的なものとなり、ひいては自立を高めることとなります。自分に合った適切な自助具を使うことは、自立を高めるための手段のひとつです。

しかし、使い方をあやまると障害をさらに重くしたり、からだの機能を低下させることもあります。自助具を使用するときは、専門家(作業療法士等)に相談することをおすすめします。