【医師の転職理由2】新しい事にチャレンジしていきたい!キャリアアップを目指す

専門医の資格取得などでキャリアアップを目指すための転職とは


医師として働く人の多くは、そもそもが勉強に対してポジティブな印象を持っているはずです。
何か新たな知識を身につけることを楽しいと感じ、それを社会のために駆使したいと考える人が多くいるのではないでしょうか。

そうした性格や特性は、キャリアアップへと繋がる飽くなき向上心を生み出します。
それを理由に転職を目指す医師もい多いのが現状です。

特に、今現在携わっている分野をさらに研究し、あるいは今よりも多くの症例と向き合うことで知識とスキルの集積を図ろうとする医師は多いでしょう。

他の病院へと移れば、必要になる技術等もまた異なることが珍しくありません。
医療施設ごとに設備も異なりますし、患者層も異なりますから、もし転職に成功すればキャリアアップは必至です

中には専門分野を極めようと、資格を取得することを目的として転職する医師も少なくありません。
専門医資格取得のための転職ですね。

専門医資格を取得するためには、それぞれの学会が認定した施設で仕事をこなす必要があります。
専門医となるか否かでキャリアはもちろん、患者からの信頼にも大きく影響する社会になってきているため、もし専門分野をさらに掘り下げながら勉強していきたいという向上心があるのであれば、積極的に転職を考えるべきではないでしょうか

増幅する興味から転科を考える医師たち


新しいことにチャレンジするという観点から言えば、これまで携わってきた分野とは異なる分野へと足を踏み入れるために転職するという考え方もあるでしょう。
これも一種のキャリアアップへと繋がるはずです。

その代表的なものが、いわゆる転科と呼ばれるもの。
診療科目を変え、これまでとは異なる分野へと挑戦する、そんな医師も少なくありません。

就きたい業務というものは、仕事をする中で徐々に変わってくるはず。
それが転科という極端なものではなかったとしても、転職によって就きたい業務へと就けるのであれば、これも立派な離職理由となるでしょう。

もし転科することを検討しているのであれば、より慎重な判断と転職活動が求められます
同じ医師免許で就くことができるとはいえ、向き不向きもありますし、これまでの分野で通用したスキルが全く通用しないこともあるのです。

「あの分野に興味が湧いたから」という短絡的な理由で勢いに任せつつ転職することは避けなければいけません。

医師の転職は、それによってキャリアップへと繋がる可能性が広がる一方で、勢いのみで動いてしまえばキャリアダウンを生み出す可能性が否定できませんので、医師はこの点について常に頭に入れておくべきでしょう