自己分析と転職理由が曖昧なままの転職活動に生じるリスク


医師が転職をする際、最も最初に気を遣わなければならないのは、自己を正しく分析することです。

ポイントは「正しく」の部分
人は、自身を過大評価もしくや過小評価してしまうことが多く、なかなか正しく評価や分析することができません。
しかし、正確性を欠けばそれは転職の失敗へと直結するため、どれだけ正確に自己分析できるか、ここにフォーカスしなければいけないのです。

もし、自分一人だけでは分析が曖昧になるかもしれないと感じるのであれば、転職エージェントなどに頼りましょう
客観的な視点で医師の転職市場なども考慮しつつ、正しい分析をしてくれるはずです。

また、転職理由も曖昧なままではいけません。
自身の分析と同様、これも明らかにしておかないと転職失敗のリスクが高まります。
転職先の選択や自己アピール、その他対策等の弊害となりうるからです。

人材を採用するつもりのある病院や診療所は、

  • どのような理由で転職を決意したのか
  • なぜその医療施設を志望したのか

についてとても気にします。

そこから医師としての矜持や、それ以上に重要な人間性について垣間見ることができるからです。
曖昧なままでは、到底受け入れられず、転職の失敗へと繋がってしまうことでしょう。

あらゆる選択肢を考えた上で最良の道を選ぶこと


自己分析及び転職理由を明確にしておくことで、選択肢も非常に絞りやすくなるはずです。
自らの能力を正しく把握していれば、それに合致した医療施設は自ずと限定されますし、これは医師の転職に関しては非常に大きなメリットとなるでしょう。

選択肢はできるだけ多い方がいいのですが、自らのキャリアにマッチした医療施設は実はさほど多くはありません。
つまり、これらを明確にしておくことは、最初から余計な選択を排除ことに繋がり、転職活動中に注力するポイントを絞り込むことに役立つのです

医師はとても忙しい仕事。
やらなければならないことが絞られれば、より楽に転職活動を進めることができるでしょう。

また、自身のこれまでのキャリアと転職市場などを照らし合わせれば、人によっては「転職をしない」という選択肢も浮かび上がってくるかもしれません。
もしこれが頭に浮かんでも、決してネガティブになる必要はないでしょう。
むしろ、何も考えずに勢いだけで転科や転職をしてしまうよりは、ずっと有意義なキャリアを築くことができるはず

転職はタイミングです
しかし、早ければいいというわけではありません。
少し冷静になり、「転職をしない」という選択を取ることで上手くいくことも多々あります。
正しい判断へと導くのは、明確な自己分析と離職理由であることは押さえておきましょう。